NEWS インタビュー 施工事例

【お客様の声】テーマは『木』。~ナチュラルすぎず、男っぽさをプラスして~

投稿日:2022年6月2日 更新日:

 

このまま賃貸でずっと住み続けるのは、家賃がもったいないなと思い、
良いのがあればと急がず探していたが、
妊娠がわかり、周りの環境であったり、家のつくりが子育て向きではないなと思い、
本腰を入れて探し始めたK様。
自分たちの条件を考えてたどり着いた、中古マンション+フルリノベーション。

どのように探し、今の物件に決めてリノベーションしたのかお話をお聞きしました!

 

おのずと中古+リノベーションに。        

 

■新築・中古、マンション・戸建ての選択肢からどのように中古マンションに絞っていったのでしょうか?

奥様「昔ライターをやっていて、幅広いテーマで書いてた中でリノベーションもあったので、リノベーションという言葉は、知っていたんです。
写真とか見てめっちゃ良いなと思っていて。予算がいくらでも出せるなら注文住宅で建てたい気持ちもあるけど、限られた自分たちの予算と希望のエリアや希望条件の中でって考えたときに
建売もまあまあ良い値段しますし、そこまで家にかけるのはどうなのかなと、、旅行行きたいし、教育費にお金残したいしと考えていて。
1度建売の新築戸建てを見に行ったんですけど、あまり惹かれなかったんです。内装がやっぱり自分たちが思っているのと違うなって、、。

せっかく引っ越すならおしゃれなとこに住みたいなと思ったら、おのずとちょっと古めの中古マンションを買ってリノベーションにお金かけた方がという選択になりました。」

 

 

 リノベーションに強い会社だから。            

■数ある不動産会社のなかでどうしてファンリノベを選んだのでしょうか?

ご主人様「きっかけは、スーモを見ていて見たい物件を載せてたのがきっかけで問い合わせしました。
半年くらい一緒に探してる別の不動産会社さんがいたんですが、あんまりピンと来ない方で、私たちの予算これくらいって言ってるのに高いもの出してきたりとかして。。」

奥様「なんかその方とは、いつしか連絡を取らなくなり、フェードアウトしていった感じです。。
打ち合わせも何度もして、物件もいろいろ見せてもらったんですけど、そのときのこだわりが今と少し違ったというのもあって、物件なかったのもあったりして、
物件見たりもしたんですが、この物件でリノベしたら予算超えてしまうだろうなとか、、あんまりピンときてなくて、やっぱりリノベーションに強い会社がいいなとなって、
「ファンリノベ」って名前にリノベついてますし、「リノベーション 大阪」で検索したら、出てきたのもあって、あとファンリノベさんのホームページで見た施工事例もよかったりして、
そんな迷いはなくファンリノベさんにお願いしようとなりましたね。」

 

 トータル的に考えて。       

 

■物件選びはどのように行ったのでしょうか。

ご主人様「はじめに問い合わせた物件は間取りの希望に合ってた物件でしたが、内山さんと話したらこの物件は割と古いし、中身入替るとなると総額の予算を超えてしまうと言われて、見に行かずに、
まず自分たちの条件を小澤さんに伝えて、
総額の予算からリノベーション代を差し引いた金額で物件を探すことになりました。
小澤さんが探してきてくれたこの物件の広さが良くて、あと周りの環境も緑が多くていいなと思いました。

奥様「駅から少し遠いのと、職場まで少し遠い、スーパーもちょこっと歩かないといけないところが妥協した点です。
いざ買う!となると、本当にここでいいのか2人とも不安になって、
なんてない日に実際駅まで歩いてみたり、周りぐるぐる歩いてみたりして、歩けないこともないか、大きなお家多いし、変な人いないかなと、
トータル的に考えてここがいいかなと思えました。
あとは、良いところと気になるところを箇条書きで書き出していって、結果的に良いところの方が多くて、それもあってたのと、
ペット可なところもよかった。将来飼いたいな~と思っていたので。

見に来たときは、居住中でその方がきれいに使ってらっしゃったのもここに決めた理由の一つですね。
ご主人様「そもそもしたいと思ってた間取りができるかどうか、管理事務所さんなどに確認してもらってできるとなったので最終の買うという決断にいたりました。

あと、にくいところがあって!
バルコニーに畳半畳トランクルームがあること(テントやタープなどのキャンプグッズ入れられる)と玄関のMBが半分くらいフリースペースになっていて少し物を置けるところですね。
こういったちょっとした点もこの物件を買う決め手の1つになりました。」

■中古住宅で不安に思うことはなかったですか。

ご主人様「築年数が40年以上経っているのもあって本当に大丈夫かなと正直不安に思いました。
けどコンクリート100年時代の話を小澤さんからしてもらって、まだまだ大丈夫かなと思えました。

奥様「あと管理状態の大切さも小澤さんに教えてもらって。
このマンションは管理がしっかりされていて、管理人さんがいて下さったり、未来の修繕積立金がしっかり貯蓄されていて計画があるというのが分かったので、大丈夫かなと思えました。」

 

 

 こだわりとお気に入りポイント。              

 

■このおうちのこだわりポイントを教えてください!

奥様「テーマは「木」です。
無印良品さんみたいな家も好きなんですが、ナチュラル過ぎないけど個性的すぎない、丁寧な暮らしすぎるのも、、と思い、
躯体現し・古材の腰壁で、無骨感や男っぽい感じも出しました。
ヘリンボーン柄の床に憧れていたので、必ずやりたいと思っていて、玄関入ってすぐ印象的なので廊下はヘリンボーンにして、
リビングダイニングまでいくとガチャガチャするかなと思い、トイレまでにとどめました。
トイレだけは場所を変えられないと言われたので、それ以外はほぼ動かしました。
お風呂はゆったり大きいのが良いなと思っていたので、1616サイズに大きくしてもらいました。
実用性もあり飽きないようなおうちにしようと思って、冒険したのはクロスだけかなと。クロスはイヤになったら変えられるのでね。
アクセントクロスはなので結構いれました。
あとは、コード類を見せずにすっきりさせることと収納をたくさん作って見せない収納と見せる収納をうまく使い分けました。

ご主人様「畳は、和紙にするのかイグサにするのか悩んだんですが、やっぱりイグサが良いなと。
こどもにイグサのにおいを知ってもらいたいなと思って。」

■このおうちのお気に入りポイントを教えてください!

ご主人様「広々対面キッチンと小上がり畳スペースですね。
小上がり畳はこどもと一緒にお昼寝したり、こどもを寝かす定位置になっています。
躯体現し天井もお気に入りです。ぶち抜くまでわからない部分で、、汚いパターンもあるみたいですが、すごくきれいで良い感じでよかったです。」

(奥様)「広くしてもらったお風呂ですね。足を伸ばせるお風呂になったので、一日の疲れを癒してくれます。
あと、提案してもらって採用した廊下に洗面台。
お客さんが来た時もすぐ洗えるし、間取りにすぽっとハマったのもよかったですし、化粧したいから広めの洗面台にしてもらったので
快適に使えています。」

■リノベーションの打ち合わせで楽しかったことはありますか?

奥様「クロスを選ぶところは、どんなんになるのかなあとイメージしながら選ぶのが楽しかったです。」

■リノベーション着工中のわくわく、完成したときの印象を教えてください!

ご主人様「最初見たとき、本当のスケルトンになっていて、テープでここ畳スペースとか洗面台とか書いてて
その1か月後くらいに行ったら壁とかできていてすごいなと思いましたし、すごいよかったしワクワクしました。
もう住めるやん!と。笑
結構マメに写真を羽根さんが送ってくれたのも良かったです。見に行かなくても現場がどうなってるのかを知れて。
もうトイレ入ってるやん!とか楽しかったですね。」

 

 いろいろ快適に。         

■以前の暮らしと比べて何か変わったことはありますか?

奥様「まず前のおうちよりも広くなったので、全体的にゆったりできます。
おうちに緑を置くようになりました。前の家は緑の「み」の字も出てこなかったんですが、笑
前のおうちはリビングが奥まっていて独立したキッチンで、キッチンにいると何も見えない状態だったんですが、
今は料理しながらドラマを見たり、こどもを見ながらとかちょっとした会話もできるのでとっても良いですね。
あと、バルコニーに置いてる椅子に座って外を眺めるだけでも緑と川があって、癒されます。」

ご主人様「お風呂が広くなったので、前はシャワーだけだったんですが、しっかり湯舟に浸かるようになりました。
あとはこだわって造った家なので、ちゃんと掃除して片付けもしようという気持ちが出ます。
前のおうちは人もあまり来ることなかったですが、今は人も集まるおうちになりました。
引っ越してきた日は、気持ちが高まっていて夜寝れなかったんです、笑
次の日、仕事だったのに、笑」

■これからこのおうちでしたいことはありますか?

奥様「いろいろやりたいとこはあってですね。
こどもが大きくなったら、小上がりのカウンターでお絵描きしたり勉強したりしてほしいなと思っていたり、
コンセントもあるので、パソコン作業したりもできますし、ちょこっとワークスペースとしても使いたいですね。

リビングにダクトレールをつけてもらったので、そこにハンギンググリーンを吊るしたり緑を増やしたいなと思ってます。
ベビーカーを今玄関に置いてるけど、ゆくゆくは、そこにテーブル置いてその上に緑置いたり、小物を置いたりしたいなとも思ってます。

ダイニングうしろの収納はまだまだ空いてるので、こどもの写真を置いたりしたいなと思っていたりしてます。」

 

これから中古住宅+リノベーションをしたいなと思っている方へ。         

これから中古+リノベーションをしようかと考えている方にアドバイスをお願いいたします

奥様「絶対に譲れない部分は譲らない方がいいと思います。それは物件探しでもリノベーションでも言えることですね。
私たちで言うと、正直予算ははみ出てしまったんですが、削る案とかも出してもらって削れるところは削ったんですけど、
やっぱりキッチンとかも削る案にあって、見た中でこのキッチンが絶対良いっていうのがすごいあったので、
他のところで調整してキッチンは変えずにいくことにしました。けど、もしキッチンも変えてたら今後悔してるだろうなと思います。

予算もこの予算!って決めててもしそれ以上にもっとはみ出てたら、毎月のローンの支払いもその分多くなって大変だろうなと思いますし、
物件の場所もそうですし、譲れないところは譲らない方がいいと思います。
ここだけは譲りたくないってなったときに
どこか違うところを譲る案が出てくると思うんです。キッチンは絶対これがいいけど、その分こっちは違うのにしようとか。
それでいいと思います。」

ご主人「わたしたちで言うと、譲った部分は洋室2部屋ですね。ここは妥協しかしてないので。
もしこっちにもお金かけてたら予算内には収まらなかったなと思います。」

奥様「物件探しもこのエリア!って決めて探してたんですが、もし見つかってなかったら、他のエリアにも行ってたかもしれないけど、
そうなると、毎日の通勤大変になってだろうし、思ってる周辺環境じゃなくなってたかもしれないので、、
根気よく探してよかったなと思っています。
優先順位をいくつか出したのもよかったなと思います。
しっかり担当の方と条件などをすり合わせるのが大切ですね!」

お二人はこだわったのかな?と仰ってましたが、随所にこだわりが見られて、
玄関土間に、ヘリンボーン柄の床や廊下洗面台、小上がりのイグサの畳スペースに造作テーブル、躯体現しの天井、
ぜったいこれにしたいと決められたキッチン、古材を斜めに張った腰壁・・・ザ・リノベーションを感じられてとっても大好きなおうちです。
なんとも落ち着いてしまい、ついつい長居してしまいそうになりました、笑

これから少しずつゆっくりと変化していくおうちも楽しみにしております。

今後とも末永くどうぞよろしくお願いいたします。

 

 担当スタッフより。         

 

 

この度はおめでとうございます!
また、ファンリノベにおうち探しからリノベーションまで一貫してご依頼いただきありがとうございます!
K様たちのアイデア・こだわりがたくさん詰まっていてとても素敵です!
いくつかのアクシデントもありましたが、最終的に満足していただけましたこと大変嬉しく思います。
洗面台の配置や木の温もりを感じる色合いなど私自身大変勉強になりました。

アフターサポートもしっかりさせていただきます。
今後とも、末永くお付き合いいただけますようよろしくお願いいたします。

リノベーションのお打合せを担当させて頂き、ありがとうございました!
現況よりも大きな浴室・小上がりの和室・ステンレス天板のキッチンなど最初からリノベーションで叶えたい事が明確だったため、
お二人で優先順位を決めながらご選定頂き、かっこいい素敵なお家になりましたね!
統一感のあるまるでカフェのようなお部屋で職人さんや、ファンリノベスタッフからも「かっこいい!」との声多数でした!
またお困りの事ございましたらいつでもお申し付けくださいませ。これからもどうぞよろしくお願い致します!

 

 

-NEWS, インタビュー, 施工事例

〒564-0063 吹田市江坂町1-23-32 リバーボール2F

〒564-0063
吹田市江坂町1-23-32リバーボール2F


Copyright© 株式会社ファンリノベ|リノベ不動産 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.