BLOG NEWS リノベーションのこと

ウッドワン勉強会に行ってきました!

投稿日:

 

こんにちは!
設計の海老澤です。
先日、グランフロント大阪にあるウッドワンさんのショールームで勉強会を行って頂きました◎

ウッドワンは「森と人との共生」を目指し、ニュージーランドで森を育て、その木材を使って製品づくりをされています。

主にパインの無垢材を使った建材や、住宅設備などが特徴のメーカーです。

その中でも他メーカーには中々ない意匠性の高いキッチンは、ドラマなど多くのTV番組のセットとして起用されています。
最近では、TBSの「持続可能な恋ですか?」というドラマや、テレビ朝日でお昼に放送されている「DAIGOの台所」のセットに使われていたり、辻希美さんのyoutubeで紹介されていたりと、メディア露出も多いので、皆さんも何気なく一度は目にした事があるかもしれません。

 

ウッドワンのキッチンには
SU:IJI(スイージー)FRAME KITCHEN(フレームキッチン)という2種類のキッチンがあります。

SU:IJIは無垢の木で作られたキッチンです。
木のキッチンはオーダーキッチンや造作キッチンが主流なので、なんとなく高価なイメージがありますが、SU:IJIはパイン材の扉を使用したW2400の標準プランが定価で¥420,500~と比較的手の届きやすい価格で無垢のキッチンをお使い頂けます。

 

扉柄も豊富で、框組のデザインや、マットなグレーやネイビーのお色などもあります。
フラットなデザインのものも、うずくり加工といって木目の固い部分を残し、柔らかい部分をブラシで削る事で木目の凸凹が強調される加工が施されているので、のっぺりせず、高級感があります◎

 

Frame Kitchenはステンレスと無垢の木組み合わせが男前な印象で家具のようなかっこいいキッチンです。
フレームや棚板など最小限のパーツで構成さており、扉などはなく、オープンの収納になります。
シンクスペース・コンロスペース・調理スペースを連結させて組み合わせるので、間口のサイズや空間のスタイルに応じて、多彩なプランニングが可能です。
また、カウンターもステンレス・オークやパインの集成材・黒のマットな質感の人大クォーツからお選びいただけます。
自由度が高く、リノベーションされた空間にピッタリのキッチンです◎

 

Frame Kitchenは収納量があまり多くはないので、上部にシェルフを付けたり、SU:IJIのカップボードと組み合わせるのもオススメです。

 

無垢材のキッチンは汚れたら取返しが付かないのでは…?メンテナンス面が気になる…。
という方も多いと思います。
しかし、ウッドワンのキッチンは特別な塗料で塗装されており、油や調味料が扉にこぼれてしまっても、空拭き・水拭きでサッと拭いて頂くだけで大丈夫です◎
丈夫な塗料が塗られているにも関わらず、テカりがなくマットな無垢の質感のままの所も素敵です!

キッチンは毎日使用し、目に入るものなので、機能性ももちろん大事ですが、使用する時にテンションが上がるかがとても大切だと思います。
ウッドワンの無垢のキッチンは2種類ともとにかくオシャレで、お部屋の主役となりつつも、木の温かみを感じられ、家具のようにお部屋に馴染むデザインになっています。

ショールームにはキッチンの他、洗面化粧台や収納パーツ、建具など様々な展示がございます。
空間をまるごとコーディネートされた展示がたくさんあるので、カタログで見るよりもイメージして頂きやすいと思います。
是非一度行ってみてくださいね^^

-BLOG, NEWS, リノベーションのこと

〒564-0063 吹田市江坂町1-23-32 リバーボール2F

〒564-0063
吹田市江坂町1-23-32リバーボール2F


Copyright© 株式会社ファンリノベ|リノベ不動産 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.