WHAT’S RENOVATION

WHAT’S RENOVATION

リノベーションとは?

WHAT’S RENOVATION

リノベーションとは?

THE DIFFERENCE OF RENOVATION

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは元の状態まで復元すること。
リノベーションとは新たに造り変えるので新しい価値が生まれる。

リフォーム
とは元の状態まで復元すること。
リノベーション
とは新たに造り変えるので新しい価値が生まれる。

THE MERITS OF RENOVATION

リノベーションのメリット

メリット1

新築より低価格で買うことができる

駅までの距離・広さを同じ条件で探した場合、中古+リノベの方が利用できるところを再利用するためコストを抑えられます。

ご予算のギリギリまでを、「土地」と「建物」の購入に使うのではなくインテリアや家具などに予算をまわす事も可能になります。

メリット2

憧れエリア・好立地に住むことができる

建物は立地の良い場所から建っていきます。
ゆえに、中古物件は駅近や人気エリアに多い傾向があります。
また、新築だと高くて住めない憧れエリアにも、中古なら手が届くことも!

メリット3

自分らしいオリジナルの空間ができる


BEFORE


AFTER

自転車も入るほど収納たっぷりの土間スペースがほしい

休日は光差し込むサンルームでお昼寝したい

書斎スペースをつくりたい

大好きな靴を並べて置ける大きなシューズインクローゼットがほしい

休日は光差し込むサンルームでお昼寝したい

愛猫のための空間でもあってほしい
愛猫専用の動線がほしい

THE DEMERITS OF RENOVATION

リノベーションのデメリット

デメリット1

時間がかかる

リノベーションをする場合だと、どんなお部屋にするかの打合せと工事があるため、物件が決まってから住み始めるまでだいたい3ヶ月くらいかかります。

デメリット2

思うように間取り変更ができないことがある

メリットで好きなように造り変えることができると書きましたが、注意点があります。
それは、マンションも戸建てもしっかりとした計算の上で強度を保っているので、「ここの柱は抜いちゃいけない柱ですよ」「この壁は建物を支えているので取っちゃダメですよ」という部分が出てくることがあります。そのため、実際に物件を見ながら専門家に、「ここは取れるの?取れないの?」「ここは間取り変えられるの?変えられないの?」 などを話し合いながら進めなくてはいけない、ということです。

デメリット3

建物の耐震性に不安がある

物件の築年数が古くなればなるほど、耐震性が気になりますよね。
1981(昭和56)年6月1日以降の新耐震基準を満たしている建物であるかが判断する一つの目安になります。
しかし、旧耐震基準の建物がダメという訳ではなく、新耐震基準と同等の耐震設計をしているものや耐震改修を行ったか、またしっかりと専門家による建物診断(インスペクション)を行うことで建物の耐震性を知ることができます。

施工事例

お好きなデザインを
探しにのぞいて見てください

物件をさがす

おすすめの物件情報を
ご紹介いたします

資料請求

まずはご自宅で
ゆっくり資料をご覧ください

投稿日:2019年4月6日 更新日:

〒564-0063 吹田市江坂町1-23-32 リバーボール2F

〒564-0063
吹田市江坂町1-23-32リバーボール2F


Copyright© 江坂 中古マンションのリノベーション販売 | FANRENOVE ファンリノベ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.