NEWS インタビュー

【お客様の声】~あこがれのカフェのような落ち着く空間~

投稿日:2022年7月18日 更新日:

 

結婚されて、2年くらい賃貸に住んでいて、更新のタイミングがきて、おうちに不満はなかったけど、奥様が九州から大阪に来て2年くらい経っていろいろ落ち着いて先のことを考えようかなと思ったときに、
安い家賃の1LDKなどに住み替えるよりは買った方が、広い家に住めたり、新しい設備にできたり、良いことあるかなと思い、おうち探しを始めたM様。
どのように、今の物件に出会い、フルリノベーションされたのかお聞きしました。

実際にリノベーション済マンションを見てみて。        

■新築・中古、マンション・戸建ての選択肢からどのように中古マンションに絞っていったのでしょうか?

ご主人様「新築中古、戸建マンションの選択肢のなかで一通り見てみて、最後に行きついたのが中古+リノベーションです。
それぞれにそんなに時間はかけず、新築マンションを実際見に行ったり、住宅展示場に行ったりはしてなくて、そもそも希望エリアが限られていたので、新築戸建てだと自分たちの予算を超えてしまうし、注文住宅だともっとするし、現実的ではないなと。
でも新築マンションだと、内装におもしろみがないなと思ってました。家を買うってすごい大きな買い物だけど、新築マンションだと、なんか生活も見えてるな~という感じもしたので、リノベーションだったら自分たちの好きなような内装にできるし、おもしろそうと見に行ったのがきっかけです。
スーモで検索条件入力しておいて、常に新着のお知らせがくるアラームかけてました。
でも、そもそも家探しをしていたのは私だけで妻は家探しに興味がなく、、、住宅展示場、オープンハウスやっているところ行こうよと、チラシ置いたりしてひたすら妻にプッシュしていたのですが(2年くらい根気強く言ってた)、全然興味湧いてくれず、、、。」

(奥様)「わたしは、家と言えば戸建て!とイメージでずっときてたので、マンションって玄関暗いし、眺望は高かったら良いけど、高いところもあんまり住みたくないし(地震とか荷が災害があったときにすぐ地上におりたいので。)、でも大阪で一戸建てって主人が言ってたように現実味なくて(隣家との間隔狭くて間口も狭くて・・・)、
だから家を買うことはないだろうなとそもそも思っていました。なので、主人の家探しの推しにも全然なびかなかったんです、、笑」

でも、そんなある日、ある会社様のリノベーション済マンションのオープンハウス(個別セミナー付)に、たまたま奥様の気が乗って見に行くことになり、、、。

(奥様)「見てみたら、意外といいね。ってなって、初めてマンションとかリノベーションとか家を買うことに、私の中で、プラス要因がでてきました。
築40年のマンションで、エントランス入ってところは、古くてないな~。と思ってたんですけど、玄関開けて、内装が結構良くて、思ってたほど玄関暗くないように出来てたり、土間にしてたり、おもしろなと。それに金銭面でも自分たちでも買えるかも。思ったんです。」

 

 ファンリノベさんじゃない理由がなかったから。            

■数ある不動産会社のなかでどうしてファンリノベを選んだのでしょうか?

ご主人様「会社に実際にいったのは、その妻がリノベーションいいかもと思ったきっかけをくれたリノベーション済マンションを見に行ったときの会社さんと、ファンリノベさんの2社だけなんですけど、めちゃめちゃいろいろ調べましたね。
ファンリノベさんに行ったときに、FPさんとの相談で具体的なライフプランを聞いて、それがすごくよかったのと、小澤さんや会社の雰囲気など全体的に好印象だったので、ここじゃない理由がないなと思いました。
もう1社さんは、わたし1人で行って、結構営業の方がガンガン来て、どうですか?あと何があれば奥様なびきますか?って2時間くらいしゃべって。。なかなか疲れましたね。。
(奥様)「3回くらいその会社様のところ行って話したけど、小澤さんは具体的に物件紹介もしてくれた、オフィスで会うとかでなくて物件を見に行くっていうステップが進んだって感じがよかったです。」
(ご主人様)「古いマンションと中古戸建と、いろいろ見せてくれて見せ方がうまかったです。」
(奥様)「わたしたちが絞ってなかったていうのもあって、わたしはまだ戸建は捨ててなくて、家は戸建じゃんってまだ思ってるところだったので。。」
わたしたちが気に入りそうなところをピックアップしてくれたのと、わたしたちが探してきて見たいって言った物件両方連れてってくれました。」

ご主人様・奥様「それで、いつの間にかファンリノベさんにお願いしてました。」

ご主人様「あとは。リノベーションの面で、自由設計です。って言いながら、全部テイスト一緒とかは嫌で、ファンリノベさんは良くも悪くも言ったことをやりますよ、って言ってくれましたし、振り幅も大きかったのでよかったですね。
わたしたちが思うリノベーションのいいところは、予算内であれば縛りなく選べるところだったので。」

 

 

 立地も◎リノベのし甲斐も◎だったから。       

 

■物件選びはどのように行ったのでしょうか。

(奥様)「物件見に行く2回目の2件目でここに決めました。3件目も用意して下さってたんですけど見に行かず。ここは一切手を加えられてなかったところもよかったですね。フルリノベーションするっていうのが前提で探していたので。
魅力的な物件にしては物件価格も安くて。広さとかいろいろ加味して、お手頃の方だと思いました。」
(ご主人様)「いじり甲斐がありそうだなと。わたしたちの生まれ年と一緒の築年数で、それも運命感じて。
ちょっと歩けばショッピングモールもあるし、前の家より立地は抜群に良くて、その点は申し分なく、良かったなと思います。

■中古物件に対しての不安はなかったのでしょうか。

奥様「2社まわっていろいろ話聞いて、不安を払拭していった感じですね、」
ご主人様「わたしは、家ブログとかインスタも見まくって情報集めましたね。」
奥様「なので、物件を見に行く時点で、中古への懸念ってほとんどなかったです。ただ、コミュニティがどの程度なのかっていうのがわかりづらくてそこは未知でしたが、今のところ困ることや戸惑うことなく過ごせてます。
ご主人様「あとは、専有部分の配管を取り替えるって言われても、どこまで取り替えるのかなとか。見えない部分だから不安はありましたね。でも、そこも説明してもらってたり、実際に工事中に見に行く機会も何度かあって目視もできてよかったです。」
奥様「自分たちの家が大丈夫でも、共有部分の配管はどうなの?とか、気になる点はあったんですけど、大規模修繕終わったところだったのと、積立金もしっかり貯まってるし。管理会社も小澤さんがいろいろチェックしてくれて、大丈夫かなと思えました。
街路樹の手入れもきちんとされているなとも思いましたね。
あと、わたしの家と言えば戸建て!っていう概念から中古マンション+リノベーションの頭になったのは、ファンリノベさんともう1社さんのモデルルーム見たり、情報収集するなかで、やりたいことやれるじゃんと思ったのが1番大きかったです。
新築戸建てでも、新築マンションでも、大体間取りとか内装・仕様って決まっててオプションでちょっとつけるみたいな感じで、面白くないなと。
見に行かなかったらそうは思わなかったので、リノベーション済マンションを見に行ってみてよかったなと思います。中古への懸念がなくなったのと、リノベーションへの興味が増えたので、中古+リノベーションにしようと決めましたね。」

 

 こだわりとお気に入りポイント。              

■リノベーションの情報収集はどのようにしたのでしょうか?

奥様「雑誌見たり(カーサ)、事例が載ってて何人家族で間取りとか載ってるのを読み漁ってましたね。インスタも見てました。
2人でアルバム作って「壁」とか、「トイレ」とかフォルダ分けてどんどん入れていって、それを見てたらだんだん方向性がわかってきて、こういう感じが多く選んでるなとか。」
ご主人様「インスタとかHOUZZとかSUVACO見てましたね。」

■このおうちのこだわりポイント(テーマなどもあれば)を教えてください!

ご主人様「まず、おうちのテーマは、ザ北欧もザナチュラルもインダストリアルもイヤだし、、そうですね、色と素材はこだわって選んでいてグレーがベースカラー。
私のお気に入りのカフェを結構参考にしてて、結構寄せてますね。」
奥様「真っ白だとおもしろくないのと、広さは十分あるので、白くして開放感というよりは落ち着く感じにしました。」
ご主人様「寝室だけはカーペットにして、壁紙も結構良い感じになりました。」
奥様「フローリングより㎡単価若干安くなって、しかもカスタマイズでおしゃれにできてよかったです。」
ご主人様「アクセントクロスはあえて入れてないです。」
奥様「一般的なのはヤダね。ていうのはありました。インスタ参考にするけど、みんながつけてるのはもちろん良いとは思うし、間違いはないと思うけど、なんかなあと。あまのじゃくですね。ちょっと違うやつがいいなと。」

奥様「こだわった部分と言えば、パナソニックのキッチンで3口横並びガスコンロですね。
魚焼きグリルは要らないなてなったら、これが出てきて、三角形のコンロだと手前に大きいフライパン置いたら、奥のコンロ使えなくなって、意味ないなと思ってたので、この横並びの3口コンロはめちゃめちゃいいです!
カップボード収納はお安かったのでクリナップにしました。こう違う会社さんをミックスできるのもファンリノベさんのいいところだなと思いますね。」
ご主人様「ショールームは行ってくださいって言われたところ以外にも行って、多い時は1日5件行ったこともあって、腰折れました。。笑」
奥様「本当に自由なデザインと仕様にさせてもらいました。」
ご主人様「姉夫婦が”建築士さんが建てる新築住宅”で家を建てることにしたんですけど、結局キッチンはこれかこれから選んでとかお風呂もこれかこれから選んでとか結構選択肢狭いみたいで。。
でもファンリノベさんは本当になんでもおっけいで、もちろん予算内であればですが、笑
指定とかないよっていうのは本当にありがたかったです。」

奥様「結構ファンリノベさんにはワガママ言わせてもらってて、、困らせたと思います。。笑
モルタルでカーブ作りたいです。っていうのもその1つで。」
ご主人様「これは予算的に削ろうかなと思ったとこなんですけど、これは残した方がいいですよ。と海老澤さんや三吉さんが言ってくれて。」
奥様「どこを差し引きしたらいいかは、的確なアドバイスをもらったなと思うのでよかったなと思います。」

奥様「個々の部屋の収納をなくしました。クローゼット収納要らないなと。
服はウォークインクローゼットで、パントリー兼納戸にいろいろ入れられるし。そっちの方があとあと、何かするときにいいなと。

ご主人様「一番大事にしたかったのはLDKなので、キッチンを動かせるのかっていうのを前提に聞いて、2人ともテレビっ子なので、テレビ大きいのを買うって決めてたので。」
奥様「キッチンにいながらテレビが見れるようにしたかったんです。オープンキッチンがいいなと思ってたんですけど、今は、この腰壁は造ってよかったなと思います。」
ご主人様「手元も見えなくて、生活感も消せますしね。」
奥様「石調、モルタルを入れたかったので、それもこだわりです。おうち全体的に石と木の感じですね。」
クロスもそういう感じです。布っぽいファブリックっていうよりは。
ご主人様「全体的に素材感出るものを選びました。」
奥様「表面感がでるものっていう全体感。凹凸があったり、陰影が見えたりとか。モルタルも塗りムラって出るじゃないですか。そういう感じで、手作りっぽい感じですかね。機械っぽい感じにはあんまり見えないようにしました。
ご主人様「色の強みは要らない!でも、ビンテージすぎないという。」
奥様「モダンってわけでもなくて。シックでもなく。いろいろなテイストのいいとこどりですかね!笑」

 

■こだわりのインテリアはありますか??

ご主人様・奥様「1番は照明です!」
ご主人様「真鍮ですかね。照明は特に。グレーと真鍮と木のミックスされたおうちって感じです。」
奥様「そして、いい塩梅で黒が入ってるという感じです。」
ご主人様「トイレにつけてもらったペーパーホルダーは、千葉工作所さんってところので、毎月27日に発売されるんですけど、10~15秒で完売するというめちゃめちゃ大人気のものなんです。
奥様「15時から販売しますっていうもので、ネットで3か月くらい(3回)フラれて、たまたまわたしが買えたんです!全然買えないって方もいるのでまだ早い方だと思います。
照明とかスイッチとかこまかいところもこだわってるかなと思います。」
ご主人様「シーリングファンも自分たちで探しました。あとは奈良まで照明屋さんに行ったり、高槻の材木屋さん行ったりもしましたね。笑
あ、照明を見に、滋賀も行きました。玄関の照明、エクステリアで使うようなもので。結局買わなかったですけど。旅行の一環で観光がてら、いろいろ行って楽しかったです。」

千葉工作所さんのHPはこちらからどうぞ!

■このおうちのお気に入りポイントを教えてください!

奥様「さっきのこだわり部分でも出てきましたが、腰壁キッチンのモルタルカーブが、めちゃめちゃお気に入りです。
あとキッチンの窓ですね。もともと和室だったところで、いいところに窓があったんです。
好きなところがキッチンに集中してるかもしれないです。
あとは、大工さんが頑張って張ってくれた無垢の床もお気に入りです。扱ったことないもので、わたしたちがわざわざこれがいいて言ったもので、反るかどうかもわからないよと。言いながらもやってくれました。」
ご主人様「わたしは、フローリングかな。18cm幅の太さってところがポイントです。
天井高いところにシーリングファンまわってて、間接照明あって。大きい壁掛けテレビを遠くから見るっていうのは物件買ったときからイメージありました。それが現実になってうれしいですね。」

奥様「結構LDK、お気に入りポイント多いですね。壁掛けテレビの壁を奥まってへこますっていう提案もすごくよかったです。」
洗面も造作で可愛い感じになったのもよかったですし。」
ご主人様「リビングドアは結構インパクトあって、向こうのお部屋からの明るさも入ってきて、おうちの顔って感じです。」
奥様「暗い家がイヤだったので、ガラスにしてよかったな思います。
このリビングドアがもともと、ビンテージドアで探してて、今思ったらやらなくよかったなと。いろいろな場所まわって、探しました。」
ご主人様「100年前のドアを塗って使おうと思ってたんですけど、なんでもやりすぎると良くないなと思いました。
壁紙全部グレーにするのも悩んでたけど、巾木とドアを白にしたら、いいのでは?て言ってくれたのも海老澤さんと三吉さんで、その提案もありがたかったなと思います。」

ご主人様「玄関もだいぶ広くしてもらって、シューズクロークもあって、はめ込み窓つけて明るさも取れてめちゃいい感じです。
奥様「寝室は、ホテルみたいな雰囲気に落ち着く感じなって好きです。
ご主人様「今全然使ってないけど、屋根裏も好きですね。」
奥様「屋根裏はたまに、ごろんってしにいきます。笑
暗くて涼しくて、静かでいいんですよ。」

 物件探しからリノベーションまでで難しかったこと            

■物件探しからリノベーションまでで難しかったことはありますか?

【物件探しから購入まで】

ご主人様「エレベーターがないのは最後まで迷いましたね。。親からも懸念を示されたりして、、。」
奥様「でも、両面にバルコニーがあるっていうメリットもあるし。」
ご主人様「両面バルコニーもスーモ検索条件にいれてましたね。」
奥様「スキップフロアのマンションじゃないと、両面バルコニーってできないので、エレベーターないのは。まあしょうがいないかなと思いましたね。
それとわたしは、ペットが飼いたいっていうのがあったから、それが飼えないっていうのには3日間くらい悩みましたね、、。実家に帰ればネコいる。と言い聞かせて、笑
一軒家だったら飼うも飼わないも自由だけど、その自由を奪われることに葛藤して、すごく悩んだけど、最後はペット不可を受け入れましたね、、。
あとは、確定申告とか税金関連とか、グリーン住宅とか、購入後の手続きの方が難しくてつまずきポイントだなと思います。個人でやるのは大変だなと。。わからないところは自分たちで調べたり、小澤さんや海老澤さんに聞いてやってますね。」

【リノベーションの打ち合わせから工事まで】

奥様「統一感出すように、色見とか合う合わないっていうのは気にしたかなと思います。
イメージは、色のトーンとか洋服のコーディネートみたいな感じでしてました。
ないもの・空間を想像したり、実際の幅で考えたりするのが結構難しかったです。
事例を見ることで解決していったかなと思います。」

奥様「大枠のところの7割はふたりとも一緒の考えで、譲れないところがお互い違いましたね。
大枠はグレーがベースカラーで、床は無垢で、大きい部分は同じだけど、主人はブリック(レンガ石)使いたいけどわたしは要らないと思ったり、、。笑
けっこうぶつかることもあったかなと思います。
ご主人様「山のような写真をアルバムにして、ファンリノベLINEに送りまくって、合わないところは三吉さんと海老澤さんと2人体制で2人の視点で言ってくれるので、ある意味フラットな感じでバランスが取れててよかったなと思います。
つまずいたところは三吉さんがうまく別の提案をしてくれたりして、その1つに、テレビの壁を奥まってへこまそうと言ってくれたのは三吉さんのアイデアで、とってもよかったです。
いろいろな方の意見を取り入れることができたので、チームでできたのはよかったなと、心強かったですね。」
奥様「お金、予算を考えて造っていくいくのが難しかったです。最初の見積もりの時に、予算より200万円くらいオーバーしてて、でも元々削れるように最大限にオプションとかをつけてたので、そこでまず削っていって。
主人はお風呂、わたしはキッチン、とか、お互いのやりたいことを叶えつつ、予算内に収めるっていうのが結構大変でした。妥協もしながら、優先順位をつけるのもどれもやりたい!ってなるし。。
無垢床は2人ともやりたいって思ってたので、じゃあ無垢のなかでどうにか下げられないか、とか。」
ご主人様「この無垢床は、たまたまアウトレットで安くなってるってなって予算内ならこれしかないなと、選んだもので。節がどうかな~とか張ってみないとわからないところもあって、イメージ湧かなかったんですけど、結果的にはアウトドアっぽくもならずよかったなと思います。気に入ってますね。」
奥様「お風呂も広い方がいいってなってて、まあ脱衣所は狭くてもいいかと2人ともなりました。浴槽がとにかくおっきいのがいいとこだわりを主人が持ってたので、でもわたしはおしゃれなのがいいな~と思いつつ、そこまでこだわりなかったので、こだわりが強い方(主人)に任せたって感じですね。
2人ともがやりたいことはやって、あとは、お互いにこのタイルやめるから、これやめるわ。とかで、譲歩していった感じですね。」

リノベーションで楽しかったことと完成したときの印象。 

■リノベーション打合せ中で楽しかったこと、リノベーション着工中のわくわく、完成したときの印象を教えてください!

【リノベーションで楽しかったこと】
奥様「全体通して楽しかったです。FPさんのお金の話から、物件探しも、リノベーションの打ち合わせも毎回たのしかったですね、打合せ毎回しゃべりすぎて時間めっちゃかかってしまうという。笑」
ご主人様「スケルトンになったときもだし、現場での打ち合わせも楽しかったです。」
奥様「現場で変更っていうのも多くあって。壊してみたらこれできます!とか。床の段差なくすこともできることになったし、良い方に変わっていったので、よかったですし、楽しかったです。
打ち合わせが充実してて楽しかった印象が強いですね。」
ご主人様「テンション低くて、うーんって悩む、ビジネス感がなくて、三吉さんと海老澤さんと一緒にきゃっきゃと和気あいあいとしてたのが、よかったなと思います。」
奥様「これかわいい!とか、M様が好きだと思うものをサンプル用意したんです!とか。楽しかったな~と思いだしますね。笑
ご主人様「自分の家みたいに考えてくれたなと思います。」

【完成後見てみて】
奥様「1番はかわいい~って思いました。」
ご主人様「イメージ以上で、一応、ぜんぶ決めたのはわたしたちなんですけど、ここに俺らが住むん!?って驚きとわくわくの感じです。」
奥様「思ったよりも選んだものがしっくりきてる!ってなりました。」
ご主人様「施主支給が多くて、照明合うかなとかリビングドアも合うかな~って思ったけど、ハマってよかったなと思いました。」

 

 

穏やかに、心と身体の健康がアップ。         

■以前の暮らしと比べて何か変わったことはありますか?

奥様「圧倒的な開放感ですね。やっぱり前のおうち、狭かったんだな~と思います。45平米で、2人ともリモートワークになって不便だったな~と。」
ご主人様「ベッドの上で仕事してましたね。。。」
奥様「わたしがダイニングを占領して会議とかしてたので。お互いの会議の声にイライラしたりもあったりで、、、。」
ご主人様「前のおうちは、アクセス良かったんですけど、バイパス沿いでうるさかったので、、今は静かで快適です。
鳥の声で目を覚ますっていうのが、いいなと。空気も心も穏やかですね。
お風呂もゆっくりゆったり入れるますし。」
奥様「賃貸の1LDKだと、どうしても手狭なキッチンだったのが、快適すぎるキッチンになりました!
ちょっと高かったんですけど、キッチンはいい買い物だったなと思います。」
ご主人様「掃除をもっとするようになって、掃除が楽しいです。
奥様「心の健康がぐっとたかまりました。」
ご主人様「心穏やかで、規則正しい生活しているなと思います。」
奥様「メリットほんとたくさんあって。」
ご主人様「買ってのデメリットってないかなと思いますね。」
奥様「終電逃したら大変くらいかな。笑」

■これからこのおうちでしたいことはありますか?

奥様「壁一面の本棚をいれたいなと思ってます。本は今段ボールに入ってて、計画中ですね。」
ご主人様「ベランダの緑化計画してます。タイル敷いて、植物の棚作って。」
奥様「そのへんから改造していきたいなと思ってます。
屋根裏を部屋計画?でもそこまでまだ手がまわらないですかね。まだ意識がいかないですね、笑」

 

 

これから中古住宅+リノベーションをしたいなと思っている方へ。         

 

これから中古+リノベーションをしようかと考えている方にアドバイスをお願いいたします

奥様「優先順位はしっかり決めておくことです。何が譲れないのかってすごく悩むし、こっちにしてたらよかったなて思うこともあるんですけど、1つちゃんと軸を持ってれば苦しまなくて済むかなと思います。
自分たちが大変なのは計画の部分だけなので、あとは工事も書類関係もやってくれますしね。」
ご主人様「性格によるかもしれないですけど、調べつくした方がいいなと思います。あとであーこんなんもあったんやとか思わないために。
雑誌も見て、インスタも見て、サイトも見て、やりきって決めた方が、後悔がなくなるのではないかなと。」
奥様「でも、それ疲れない??」
ご主人様「だから、性格による。」
奥様「だからこそ軸が必要なんですよ。いろいろな情報、特にインスタ見てたら、あれもいいな、これもいいなと、永遠に出てくるので。」
ご主人様「軸がない人は見続けるのがいいかもしれないですね。そしたら、あ、こういうのよく見てるなとか好きなんだなとかがわかってくると思います。なんでこれ多く集めてるんかな~ってなったら、あ、高さのある家がいいんだな~とか、この床広く見える方がいいんだなとか。」
奥様「せっかくリノベなので、これからも造っていけるって思ったらいいかなと思います。
造り終えるっていうのは予算の関係もあって、最初はこれもこれも完璧にしてから住みたい!ってあったんですけど、自分でDIYする楽しみもあるかなと。これからゆっくり時間をかけて。
DIYというよりは、あとから造り替えるっていうのもありだなと。その余白部分を残すっていうのもいいかなと思います。」
ご主人様「そのたびに気持ちもアップデートされますしね。」

とにかく、M様ご夫婦の細部までのこだわりが満載の落ち着くかっこいいおうちで、びっくり感動です!
大変だったこともありつつ、楽しかったこともたくさんあったのだなとお話聞いて思いました。
奥様の明るい笑顔とご主人様の包み込むオーラで、息ぴったりのおふたりとたくさんお話出来てとても楽しかったです。

これから変わり続けるおうちをわたしも見守らせてください!^^

今後とも末永くどうぞよろしくお願いいたします。

 

 担当スタッフより。         

この度はおめでとうございます!
また、ファンリノベにおうち探しからリノベーションまで一貫してご依頼いただきありがとうございます!
Mさまたちのアイデア、こだわりがたくさん詰まってカッコよく、そしてかわいらしく、とても素敵です!
Mさま夫婦とお会いする度に、リノベーションの知識がアップデートされていくので、会うのが本当に楽しかったです!アフターサポートもしっかりさせていただきます。
今後とも、末永くお付き合いいただけますようよろしくお願いいたします。

リノベーションのお打合せを担当させて頂き、ありがとうございました!
毎回みんなでワイワイ相談しながらお打合せさせて頂きとても楽しかったです◎
短い期間の中で、たくさんのショールームへ足を運んでいただいたり、
解体するまで分からなかった所もたくさんあったため、
着工後現場でもたくさんお打合せさせて頂いたりとかなりハードスケージュールで大変だったと思います。
完成してお二人の喜ぶ顔が見れたときとてもホッとすると同時にお二人のセンスが存分に活かされたかっこいい内装にとても感動しました。
M様のお家づくりに携わる事が出来、本当に良かったです◎
ありがとうございました^^!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

-NEWS, インタビュー

〒564-0063 吹田市江坂町1-23-32 リバーボール2F

〒564-0063
吹田市江坂町1-23-32リバーボール2F


Copyright© 株式会社ファンリノベ|リノベ不動産 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.